グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



歯科矯正科について


歯科矯正科について

診療科長挨拶

歯科矯正科 科長
歯科矯正学講座主任教授
本吉 満

 当科では担当医と指導医のペアで一人の患者さんを担当します。治療内容によっては口腔外科医とのチーム診療を行い、互いに密に連携を取りながら個々の患者さんに適した治療方法を提案します。また、すべての症例で教授診断を行っており、質の高い臨床教育の維持に努めています。指導医は7名の専任教員が担当し、すべての指導医が日本矯正歯科学会認定医を取得しており、内3名は同学会の専門医を取得しています。

 近年は、歯科矯正用アンカースクリューやマウスピース型矯正装置、リンガルブラケット矯正装置など、目立ちにくい新しい矯正装置が用いられるようになり、当科でも積極的にこれらの装置を導入し、使用しています。ただし、装置によってはそれぞれの症例に適応できない、あるいは適応できても治療結果が不十分となる場合もありますので、患者さんと相談しながら適した治療方法を提案していきます。

 当科では今後も信頼できる歯科医師の育成と臨床教育の充実を図りつつ、患者さんの立場に立った診療を心がけてまいります。

矯正治療とは

 矯正治療の目的は、歯並び、咬み合わせの改善にあります。さらに良好な咬合を維持することで患者さんのQOL(Quality Of Life)の向上を目指します。
 様々な装置を使用し、咬み合わせや顎骨の正常発育の誘導(成長期)・改善、審美性を回復させます。

矯正治療の流れ

矯正費用について

スタッフ紹介

矯正治療のリスク

  • 矯正治療によって歯と歯の間の歯茎が下がって空隙が見えてくることがあります。矯正治療を行わなくても年齢が増すに従って歯肉退縮が起こりますが、成人からの矯正では起こりやすいと言われています。

  • 矯正治療によって歯の根の先が丸くなること(歯根吸収)があります。多くはわずかな吸収ですが、人によっては大きく吸収することもあります。多少の吸収はその後の日常生活に支障はありません。

  • 矯正治療の有無にかかわらず、歯磨きをしないとむし歯になります。特に矯正治療装置を装着していると、むし歯になる確率が高くなります。歯磨きがしっかり出来ていればむし歯になることはありません。歯磨きが十分に出来ていない場合にはブラッシング指導を行います。

  • 矯正治療装置(保定装置を含む)には患者さんがご自身でとりはずしを行うものがあります。主治医の指示に従って使用していただかないと、治療結果の低下や治療期間の延長をまねくことがあります。また、治療後においては後戻りをまねくことがあります。

  • 硬いものを大きいまま食べると、装置が外れたりワイヤーが曲がったりしやすく、歯が予想外の方向に動いてしまい、結果的に治療期間が延長することがあります。

  • 治療方針によっては親知らずを抜いていただくことがあります。

  • 成長期小児の治療では予測を超える顎の発育により治療方針を変更する場合があります。また、これにより抜歯や上下の顎の手術が必要になる場合もあります。