グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ご挨拶


ご挨拶

病院長 宮崎真至

病院長 宮崎真至(保存修復科)

日本大学歯学部付属歯科病院は大正6年に開院して以来,地域の皆様をはじめとして多くの方々に高水準で最先端の歯科医療を提供してまいりました。現在も,さらなる診療技術の向上を目指すとともに,再生医療あるいは歯質接着技術をはじめとした最先端テクノロジーの研究を継続しています。また,歯科医療の中核的役割を担う病院であると同時に,有能な医療人を育成するための教育機関としての機能も担っており,学部学生・歯科衛生専門学校生の臨床教育および臨床研修歯科医の研修を行っています。

歯科病院の使命として,詰め物や入れ歯などの一般的な歯科治療においても,高度で先進的な治療を心がけるとともに,最新テクノロジーを用いたチーム医療を推進することで治療内容に満足していただけるよう努めています。もちろん,高次医療のニーズにお応えするための診療科として,口腔外科をはじめとして歯科インプラント科,顎顔面補綴科,ペインクリニック科,顎関節症科,スポーツ歯科等を設置しています。口腔外科では顎変形症をはじめとして,顎や歯ぐきなどに発生した腫瘍や嚢胞性疾患などの治療を多く手がけており,入院設備も完備しています。ペインクリニック科では最新の学術的知見をもとに痛みの軽減に確実につながる治療を行っております。口から食べることが困難な患者さんには,摂食機能療法科がその機能回復を図るための診療を行っており,高い評価をいただいております。
このように,臨床・研究・教育という大学に付属する歯科病院の責務を長きにわたって果たしてこられましたのは,多くの皆様からの信頼があるからであり,地域の歯科医院の先生に対しても厚く感謝申し上げます。

現在,新病院の建設が予定されていますが,それまでは診療室によっては手狭な印象を与えることもあろうかと思います。皆様からのご意見やご要望にはできる限り迅速に対処し,安心で安全な歯科診療を提供するとともに信頼と期待にお応えできるよう,教職員一同が最善の努力をしてまいります。今後とも,ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

平成26年9月
病院長 宮崎真至(保存修復科)