グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



総義歯補綴学

総義歯補綴学

分野紹介

 当講座では歯科臨床系講座として、補綴臨床の理論と技術両面の習得を基本とし、歯科医療の改善・向上に極めて密着した研究課題について各groupが活発で意欲的な研究活動を行っています。
 
〈主な研究テーマ〉
・インプラント体チタン表面への親水性が及ぼす影響についての研究
・高齢者の健康長寿に関する研究
・咀嚼時における義歯床下組織への負担圧の研究
・口腔内の大きさ弁別能に関する研究
・顎口腔領域における機能活動様相の研究
・ラットにおける疼痛誘発機構の研究
 論文掲載は、J Dent Res、J Biomater Appl、J Oral Sci、PLoS One、日大歯学、J Biomed Mater Res、J Oral Maxillofac Surg 、学会報告は、日本補綴歯科学会、日本歯科医学会、日大歯学会、日本老年歯科医学会、日本顎口腔機能学会、日本咀嚼学会、IADR、JADR、FDR等で報告しています。

★「診療」「教育」「研究」を活動の3本柱としています。日々研鑽をつむかたわら、医局旅行や各種研修会などを通してアットホームな医局の雰囲気での人材育成にも万全です。日本補綴学会専門医認定研修機関であり申請等へも対応しています。