グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



口腔生化学/生化学


口腔生化学/生化学

分野紹介

 生化学および口腔生化学分野の研究領域は、口腔領域の細胞・組織の代謝、歯周疾患の病態解明などを中心とするものが大部分です。これらの研究成果は、歯科基礎医学の発展に貢献するのみでなく、歯科臨床における“Evidence Based Medicine”にも寄与する重要な研究領域です。歯周疾患の病態に関する研究は、歯周組織を構成する硬・軟組織やそれらを構成する細胞の炎症等に対する応答性を中心に細胞生物学的・分子生物学的アプローチによって膨大な知見が蓄積されつつあります。一方、高齢社会を迎え、自分の歯で摂食することは、身体的健康のみならず精神的健康の増進に重要です。そのためには、歯を顎骨に維持・固定している歯槽骨の病態と再生をアンチエイジングの視点から検討することも必要です。
 また、単に病態の解明や組織の再生を考えるのではなく、病状の軽減や免疫反応の活性化なども視野に入れながら、Quality of Lifeの向上を考えた研究活動を目指します。