グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



成績評価・進級

ホーム 教育情報 成績評価・進級

成績評価・進級

成績評価

 各教科の成績の評価は,成績評価点あるいは成績評価表示で行われます。いずれも進級及び卒業判定の基礎となります。成績評価点は,学年評価点の算出に用いられます。

成績評価点

 成績評価点は教科の最終成績で,その最高は100点です。なお,再試験の教科については,成績評価点の最高は60点です。

学年評価点

 学年評価点は,学年内に履修した教科の成績評価点,単位数及び科目係数から算出します。
なお,学年評価点は小数第1位を四捨五入した整数です。

科目係数

科目係数は“授業の方法等”によって,次の表のとおりに定められています。
科目等科目係数
講義科目,外国語科目,演習科目,実技科目1
実験科目,実習科目2

成績評価表示

 自主創造の基礎1,2(第1学年),教養総合講義(第1,2学年),生体基礎総合演習(第2学年),特別研究(第3学年),歯科学統合演習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵa,Ⅵb(第1~6学年),臨床実習アドバンスト(第6学年)の成績評価表示は,S,A,B,Cで示します。
 また,アドバンスト外国語Ⅰ,Ⅱ(第2~5学年で交互に隔年開講)の成績評価表示は,S,A,B,C,Dとします。
 歯科学統合演習のS,A,B,C判定基準は,各学年とも年度始めのカリキュラム説明で周知されます。

単位の認定と学業成績

 進級あるいは卒業判定で単位認定がなされた場合は,履修した教科の学業成績は次のように学籍簿に記録されます。

学業成績

 学業成績は,各教科の成績評価点,成績評価表示に従い,次の5種で表します。
 S(100~90点)
 A(89~80点)
 B(79~70点)
 C(69~60点)
 D(-)
 なお,成績評価点が59点以下の教科がある場合,その科目の成績評価点は60点となります。

単位の認定

 履修したすべての教科について,所定の単位が認定されます。
 また,日本大学とエリザベスタウン・カレッジとの協定に基づき,サマースクールを受講し,所定の成績を修めた者にも単位が認定されます。ただし,この単位と自由選択科目・アドバンスト外国語Ⅰ,Ⅱの単位は卒業の要件に含まれるものではありません。

GPA(Grade Point Average)

 各教科の評価に該当する係数を定め,次の計算式によりGPAを算出します。このGPAは,各教科の成績評価とともに,累積された修得単位について計算され,成績証明書に記載されます。

係数

 各教科の評価に対する係数は,次のとおり定められています。
 S=4、A=3、B=2、C=1

計算式

 (1)=4×Sの修得単位数
 (2)=3×Aの修得単位数
 (3)=2×Bの修得単位数
 (4)=1×Cの修得単位数

 小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位を有効とします。

対象教科

 原則として,進級あるいは卒業により認定された全ての教科が対象になります。
 ただし,次の授業科目や修得単位等は計算に含めません。

  1. 教養総合講義で必修単位数である2単位を超えて修得した教科
  2. アドバンスト外国語Ⅰ,Ⅱ
  3. 短期海外研修(サマースクール)等の参加により認定された単位
  4. 編入学生の編入学時認定単位
  5. その他卒業条件に必要とならない修得単位

進級・卒業・原級

進級・卒業

 進級及び卒業は,学年評価点,各教科の成績評価点・成績評価表示を基礎として,教授会で審議の上,判定されま
す。
 なお,判定結果は掲示されます。

卒業の要件

 本学部に6年以上在学して,総計198単位以上を修得した者は,部則第15条によって,教授会で審議の上,卒業が認められます。卒業者には,学士(歯学)の学位が授与されます。

原級

 次の一つに該当するときは,部則第13条によって,原則として原級(留年)となります。
  1. 学年評価点が59点以下の者
  2. 成績評価点を得ていない授業科目がある者
  3. 履修学年に定めた成績評価表示を得ていない授業科目がある者
  4. 上記1~3以外の事由により,教授会の審議を経て,学部長が進級・卒業するにふさわしくないと判定した者

履修の年限

 原級(休学を含む)を繰り返し,同一学年における履修の年限である3年を超える場合には,学則第77条及び部則第2条によって,退学となります。

原級者の履修

  1. 学業成績結果により原級となった者は,次のとおり再履修しなければなりません。
    ①成績評価点80点以上が得られなかった科目
    ②成績評価表示C以上が得られなかった科目
    ③臨床歯科学Ⅱ及び歯科学統合演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ
    ④共用試験の結果に基づいて成績評価表示がなされる科目
  2. 再履修対象外の科目は原級年度の評価が適用されますので,当該科目を履修する必要はありません。