グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学校の特色


学校の特色

経験豊富な教員と歯学部教授陣等が一体となって実習指導を行う理想的な教育システム


校長:松村 英雄 教授
(歯科補綴学)

本校は昭和29年4月に日本大学歯学部附属歯科技工士養成所として設立し,昭和52年5月,日本大学歯学部附属歯科技工専門学校と名称を変更して今日に至っており,60年あまりの長い歴史がある学校です。そのため多くの卒業生を輩出し,国内のみならず海外で活躍している卒業生も沢山おります。同窓会も充実し,卒業生間のコミュニケーションの場として重要な役割を果たしております。
本校では経験豊富な日本大学歯学部と歯科技工専門学校の教員が一丸となって,基礎分野,専門基礎分野および専門分野を含めた,最新の歯科医療,歯科技工に関する教育を行い,さらに,医療人として知識や技術だけでなく広い視野を持ち人間性豊かな教養を身につけた人材の育成を教育目標としております。1,2学年では歯の解剖学,歯科理工学をはじめとして,歯科技工学全般を学習し,3学年では,実践に即した密度の高い歯科技工教育を行っております。また,本学では,年間を通じて文化祭等の多彩な行事やイベントを開催し,さらに,給付奨学金,貸与奨学金制度もあり,学生生活支援にも力を入れておりますので利用していただきたいと思います。
本校卒業後は,歯科医院,歯科技工所をはじめ,歯科大学病院や歯科技工界大手企業などに就職しております。また,「科目等履修生制度」を利用し歯学部歯学科の学生とともに講義,実習等を履修し,2年相当分の単位を得ることで,大学卒業と同等資格である学士(口腔保健学),口腔保健技工学専攻の称号を取得することができます。これからの歯科医療発展のためにも,熱意ある人の入学を心より期待しております。

教育目標

日本大学歯学部附属歯科技工専門学校のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

 本校は,以下に該当する入学者を受け入れる。
1.歯科技工士となる強い目的意識と意欲をもち,自己の目標を実現できるよう努力する者。
2.本校で学んで行くうえで必要な基礎知識と技能を有し,卒業後も生涯にわたり学習と研鑽の意欲を
  持続できる者。

日本大学歯学部附属歯科技工専門学校のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1.本校は,歯科技工士資格の取得を目指す社会人等を対象とし,夜間課程を設置している。
2.本校の専門課程は,歯科技工士養成所指定規則および歯科技工士養成所教授要綱に基づき,
  歯科技工士としての知識と技術を確実に修得できることを前提とした教育課程を編成している。

日本大学歯学部附属歯科技工専門学校のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 本校は,以下に該当する者に専門士(医療専門課程)の学位を授与する。
1.本校の理念に基づく歯科技工学の専門知識と技術を備えている。
2.幅広い教養と人間性豊かな歯科技工士としての資質を備えている。
3.生命を尊重する心と高い倫理観を有している。
4.歯科医療と歯科技工の進歩,社会構造の変化などに柔軟に対応し,生涯にわたって学習と研鑽を
  する探求心を備えている。
5.歯科技工業務等を通して,歯科診療施設受診者の健康保持増進に貢献できる。