グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教育研究上の目的と方針

ホーム 歯学部について 教育研究上の目的と方針

教育研究上の目的と方針

教育研究上の目的

歯学部

 歯学部の前身である東洋歯科医学校の創設者である佐藤運雄先生の唱えた「歯学を口腔に止めず,常に全身と関連づけて学ぶ」という医学的歯学を校是とした教育を基盤としている。さらに,人間教育としては,師による人格の教化と切磋琢磨を基本としている。
 また,医療人として,生涯にわたり自己の資質の向上に努め,社会に有為なスキルの高い歯科医師を養成する。

歯学科

 専門的知識や的確な医療技術と豊かな人間性を有する歯科医師を養成する。すなわち,幅広い教養と総合的な判断力の上に立って,常に最新の科学的情報を基にして問題を探求する能力の高揚と,診療に際して患者本位の歯科医療に携わることのできるスキルを備えた歯科医師を養成する。

教育方針

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

  1. 医学的歯学の理念に基づく歯科医学の専門知識と医療技術を備えている。
  2. 豊かな教養と寛容な人間性を備え発信力のある医療人として活躍できる。
  3. 生命を尊重し奉仕の心と高い倫理観を有している。
  4. 医療・社会の進歩や変革,生涯学習に対応できる省察力と探求心を備えている。
  5. 国民の健康維持・増進に貢献し,地域口腔保健活動でリーダーシップを発揮できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

授業科目の学修において,方法,過程,成果の評価方法および評価基準は,シラバスに明示して学生に周知する。学修成果の評価は,授業形態に即して適正かつ厳格な方法で行う。

  1. 医学的基礎に基づく歯学知識・技術を備えた歯科医師を育成する。
  2. 幅広い教養とコミュニケーション力のある歯科医師を育成する。
  3. 国際的な視野と総合的判断力を備えた医療人を育成する。
  4. 歯科医学・医療・関連医学に関する基礎的な問題発見・解決力を修得させる。
  5. 生涯学習の礎が培われた自主創造型パーソンを育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

  1. 歯科医師となる目的意識と強い意欲をもつ者。
  2. 自己の目標を実現する挑戦力をもち努力する者。
  3. 本学部で学んで行くうえで必要な基礎知識(学力)を有する者。
  4. 卒業後も生涯にわたり学習意欲を持続し社会に貢献する姿勢をもつ者。