グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



歯科矯正学講座


歯科矯正学講座

講座紹介

 歯科矯正学は、歯・顎顔面の成長発育とそれに伴う顎の異常や不正な咬合を研究し、このような異常や不正を改善あるいは予防することで、顎口腔機能の向上と顔貌の改善をはかる歯科学で、広い領域を有する学問です。また、外科的処置が多い歯科治療の中で、歯科矯正治療は外科的処置を行うことなく患者の歯を移動し、歯列を正常に再構築できる唯一の治療です。
 歯学部では、不正咬合がもたらす障害やその予防、改善を目的とする歯科矯正治療の重要性を講義で理解したうえで、治療の実際を基礎実習で学び、さらに患者の治療を通してその応用を臨床実習で習得します。
 卒業後の矯正学講座では、歯科矯正学の専門知識、技術のみならず豊かな人間性と倫理観を有した歯科矯正医を輩出するため、学会認定医、指導医、専門医資格を有する矯正医が講座員の基本研修や臨床研修を指導しております。一定期間内に講座員全員に歯科矯正認定医資格を取得させることを目標に指導しております。また、定期的な症例報告会、勉強会、抄読会等により、知識や技術の研鑽を積んでおります。
研究では、分子生物学的、組織学的手法を用いた基礎研究、矯正装置や材料の力学的研究、また治療に係わる臨床的研究を進めております。